読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初代ゴーストバスターズの下ネタ

初代ゴーストバスターズを見た。ちゃんと最初から最後まで見たのは今日が初めてだ。

 

リーダーであるベンクマン博士のキャラクターが面白かった。軽薄で適当でやる気がなく、一見クールな顔つきだが実際は女の身体のことしか考えてないという、要するにろくでなしだ。

f:id:oomanuke:20160903014300j:plain

これはゴーストバスターズに女性の依頼人がやってきた時のベンクマン博士。「彼女のアパートを調べに行く」と言うつもりが下心を隠し切れず、間違えてこんなセリフを吐いている。

 

f:id:oomanuke:20160903014326j:plain

これはその女性の部屋にあったピアノの蓋の隙間の黒い空間に指を入れて、ピロピロピロピロ…と意味もなく高音部を何度も弾いているシーン。「(幽霊は)この音に弱いんだ」などと適当なことを言うのだが、「アパートで彼女を調べる」のすぐ後にこれだから、どうにも性的な表現にしか見えない。ぶっちゃけ手マンの比喩だよな。

 

f:id:oomanuke:20160903014316j:plain

これは幽霊探知機みたいなのを女性に向けて、彼氏がいるかどうかを尋ねているシーン。左手に持ってるのはポンプで、博士はこれを何度も握ってジュポジュポと何やら下品な音を出している。そんなよく分からんものを股間の近くで持って、しかも右手の棒は彼女を指してるんだから、どう考えたって性的な表現としか思えない。ていうかこれは間違いなくそうである。オナニーだ。

 

その後も寝室を無断で開けてじっくり観察したり、突然求婚宣言をしだしたりと、博士は幽霊退治に来たという名目でセクハラを繰り返す。「ゴーストバスターズはファミリー映画」っていう勝手なイメージがあったけど、実際に家族でこれ見たら、子供の年齢によっては絶対気まずくなるよなーとか思った。

2016年版ゴーストバスターズもこういう下ネタが沢山入ってるらしい。見に行きたいけど金がないんだよなー、働くのは嫌だしな・・・