読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベーシックインカムのニュース

ニュース

digital.asahi.com

 

要約

高齢者を中心に生活保護の受給世帯は増え続けており、若年層の非正規労働者の割合も高止まりしている。今の生活保護制度は調査が厳しく、特に若者は門前払いされがちで、それ以下の所得で暮らす人も多い。そこで貧困対策として、税財源から全国民に無条件で最低限の生活費を配るベーシックインカム(BI)が考えられる。BIは選別がないのでセーフティネットから漏れる人がいなくなる。最初はまず高齢者と10代後半~30代くらいの若年層に優先的に給付するのが望ましい。

高齢者には基礎年金があるが、保険料の納付期間が短く月約6万5千円を受け取れない人も多く、貧困率は高い。そこで基礎年金をBIに置き換えて、月8万~10万程度支給する。若年層は最も失業率が高く非正規雇用も多いため、支援が必要。BIの金額は高齢者より少なめでもいい。

財源を確保するため、年金の報酬比例部分への課税を強化する。高所得の人が多いので格差是正につながる。相続税率も引き上げることで格差が引き継がれるのを抑える。基礎年金の保険料負担がなくなる分は消費税率の引き上げなどを財源にする。

試算では所得税の所得控除をなくして税率を一律45%程度に引き上げることで財源を確保すれば、全国民に月8万円支給できるという。

 

 

 

 

 

結婚相手の年収があまり重視されなくなるんだろうな。そうすると「安定した仕事についてる男」よりも「金はないが一緒にいて楽しい男」のほうが価値が圧倒的に高くなって、モテない人は今以上に恋愛も結婚もできなくなるんじゃないだろうか。

子供は安心して産めるけど、子供を産むところまでたどりつけない人が大量発生しそうだ。BIは子供にも支給されるみたいだし、結婚した人は沢山子供を産むだろうから、大家族は増えそう。モテる人間の遺伝子だけが大量にばらまかれ、モテない人間は完全に淘汰される世界…