うっかり生まれたのが悪かったぜ

theピーズのレア曲その5 「こじき」

今回は「こじき」。これは結構有名。 youtu.be どんな不安もなけりゃいい なんの引け目もなけりゃいい こんな風になるのか あんな風になるのか こじき こじきがいる こじき こじきがいるぞ 見ないほうがいい こじきがいるぞ どんな引け目もなけりゃいい なん…

theピーズのレア曲その4 「のんびり」

今回は「のんびり」という曲。この動画の7分あたりから。 youtu.be 歌詞(聴きとれた範囲で) 止まらずGOだもいいしな 一生続いてもいいのさ 迷惑は誰にもかけない 死に急ぐことはないのさ 死んだふりしてりゃいいのさ もう僕は誰にも出せない へい 全部多分?…

theピーズのレア曲その3 「ハイテー」

またピーズのレアな曲を紹介。 曲名は「ハイテー」。 4番目のアルバム『クズんなってGO』に入ってる「平和」の替え歌。 youtu.be ハルの「麻雀が分からない奴には絶対に分からない曲というのをやります。悪いね…」という申し訳なさそうな一言からはじまる。 …

theピーズのレア曲その2 「さぁ終わらそー」

「なっとーばかりくっててもいーのか」の歌詞違い音源も紹介する。 youtu.be 1992年のライブ。曲名は「さぁ終らそー」。92年は「クズんなってGO」が発売された年。来年の93年にはピーズのアルバムの中でも一番暗い「とどめをハデにくれ」が出ている。だから…

theピーズのレア曲その1 「F」

ピーズのレア音源を紹介。 <a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm16607197" data-mce-href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm16607197">【ニコニコ動画】Theピーズ 新曲F(けばみ)</a> 1989年の鹿児島でのライブ。「けばみ」の替え歌で、…

初代ゴーストバスターズの下ネタ

初代ゴーストバスターズを見た。ちゃんと最初から最後まで見たのは今日が初めてだ。 リーダーであるベンクマン博士のキャラクターが面白かった。軽薄で適当でやる気がなく、一見クールな顔つきだが実際は女の身体のことしか考えてないという、要するにろくで…

8月の目標達成した

誰にも言ってなかったけど8月中に映画を50本観るという目標を達成できた。月の後半はやべー間に合わねーと思って1日4本とか無理やり観てた。3本目くらいからは頑張ってもあんまり内容が頭に入ってこなくなることが分かったので、これからは1日1本を目標にし…

反知性的な作品が好き

「モーターサイクルダイアリーズ」という映画を観た。チェ・ゲバラの青春時代を描いたロードムービーだった。 卒業を目前に控えた大学を休学し、将来のことなんてまるで考えず旅に出て、その途中で何度も迷い傷つき成長していく多感な23歳の等身大のチェ・ゲ…

浮き世離れした青春小説

池澤夏樹の「スティル・ライフ」を読み返した。一年に一回くらい読み返してる。定職につかずふらふらしているフリーターの青年が主人公なのだが、この青年、不安定な自分の状況に対して焦りや悲壮感をまったく持っていない。それどころか反対に充実感さえ感…

15と16日 低迷

8月15日 大学の同級生がテレビに出ていた。自分がギターでボーカルのパンクバンドを筆頭に、バンド仲間を沢山集めて中規模なチャリティーライブを成功させたらしい。暗いニュースで死にたくなるぜ。あの同級生は在学してた頃からひときわ目立っていてとて…

8月14日

女の裸がみたい

眠いような

8月12日 昨日14時間寝た負い目からか寝る気になれず、映画を観たり古本屋巡りをしたりして30時間くらい起きていた 映画は「菊次郎の夏」が面白かった。観るの3回目。夏になるとsummer聴きたくなる。しかし、この映画もしかして久石譲の音楽でごり押…

日記

8月7日 人と長いこと喋って体調が悪くなる 8月8日 昼過ぎに起きる ろくなもん食ってない 映画「モラトリアムたま子」、舞台挨拶では美人なのに劇中では全く何の色気もない前田敦子が凄く良かった。たま子のニートだけど悲壮感のないマイペースな感じも好…

ドイツの移民政策のニュース

digital.asahi.com

文学は実学?

8月2日 梅雨明けしたのにどしゃぶりだったらしい。ずっと寝ているから天気がわからない。何もしないでいると焦りで心が埋まってますます動けなくなる。そういう時とりあえず映画を1本観ると「その日一日何かしらやったような気分」になれるので、現実逃避で…

暮らしを変えるより夢を変えたいわ

7月31日 夏バテのせいか布団から出る気力が湧かず、結局13時間くらい眠ってしまった。起きてからも鼻水がとまらない。 頑張って外出してピンサロの向かいにある喫煙所で煙草を3本吸う。大学生風の男たちが「よっしゃあ」とか言って元気よくピンサロに入って…

7月30日

7月30日 深夜4時に目が覚めて、かったるくてずっとうだうだしていた。朝10時に東中野へ。すげーいい天気だったがその分暑すぎた。観たい映画の前売り券を買ったあと、近くの古本屋をうろうろ探したり、コンビニで煙草を吸ってボーっとしたりして、なんとなく…

人生しょせん運不運

古山高麗雄の自伝「人生、しょせん運不運」を読んだ。 大正生まれの作家。子供の頃から秀才で、20歳のころ第三高等学校(京大の前身)に合格したが、サボりまくって一年で退学。その後は親の金を女遊びで使い果たすどうしようもない日々を送っていたらしい。…

暗いことばかり

7月28日(木) 現在も過去も未来も何もかもが不安で嫌で、朝起きるたびに「またわざわざ人生やるのか…」って気分になる。ニュースはテロだのレイシズムだの19人殺害だの社会保障崩壊だの、死にたくなる話題ばかりだ。小学生の頃お父さんが疲れきった顔で「死…

7月に観た映画

狼たちの午後 ソナチネ brother 思い出のマーニー 裸の19歳 俺たちは天使じゃない AI 狂い咲きサンダーロード バニシングポイント ガルパン あの夏、いちばん静かな海。 どん底 3‐4x10月 俺たちに明日はない 生きたい ろくでなしが主役の映画ばかり観てい…

ベーシックインカムのニュース

digital.asahi.com 要約 高齢者を中心に生活保護の受給世帯は増え続けており、若年層の非正規労働者の割合も高止まりしている。今の生活保護制度は調査が厳しく、特に若者は門前払いされがちで、それ以下の所得で暮らす人も多い。そこで貧困対策として、税財…

介護サービス縮小のニュース

digital.asahi.com 要約 介護保険制度の見直しで、サービスを縮小させる議論が20日に始まった。要介護1、2の人向けの生活援助や福祉用具貸与を原則自己負担にする案が出されている。 高齢者の増加で介護保険にかかる費用は増え続けており、14年度には10兆…

ちゃんとしていない大人は大人で、それなりに味がある

「本と怠け者」という文庫本が好きで何度も読み返している。 本と怠け者 (ちくま文庫) 作者: 荻原魚雷 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2011/09/07 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 18回 この商品を含むブログ (13件) を見る 古書についての随筆集。…

ソナチネ観た

北野武の「ソナチネ」を観た。たけしが監督、主演の映画。3年ぶりくらい。 広域暴力団・北島組の友好団体・中松組が、沖縄の阿南組と戦争になった。そこで北島組組長の北島とその幹部の高橋は、北島組傘下の村川組組長の村川に、「手打ちになるだろうから何…

小説が読めないからダメな人間だ、ということではありません

赤木かん子の「今こそ読みたい児童文学100」を読んだ。児童文学の名作からマイナーなものまで幅広く紹介している。 印象に残った文章↓ 文学の好きな人がそうでない人よりも頭がいいわけでも、気立てが良いわけでもない、というのはみなさんもよくご存じのと…

浅羽通明「アナーキズム」

浅羽通明「アナーキズム―名著でたどる日本思想入門」 序章『反逆とユートピア―アナーキズムとは何か』のp11~p23までの要約 アナーキズムは「一切の権力や強制を否定して、個人の自由を拘束することの絶対にない社会を実現しようとする主義」と、広辞苑では…

ピーズの歌詞

大学生の頃、友達が一人もいなかった僕はひたすらtheピーズを聴いていました。講義中も、休み時間も、昼食の時も、帰りの車中でも、夜不安で死にそうな時でも、ずっと聴いてました。 だからもう僕の二十歳前後はピーズ一色です。 なぜこんなに好きになったの…

9月29日

眠れない 死にたくなる治安が悪いのに夜の二時にサンクスまで歩いていってアマゾンギフト券を3000円分買った帰ってすぐ登録して、Kindleでエロマンガを買った 情けなくなったこんなはずじゃなかったのにこんなことになった、まったく情けない、これからどう…

ずっとお家にいると発狂しそうだ

生きていたくない

くだらねー人生生まれたのが悪いと何度思ったか

やれやれ

お父さんが「早くしにてーな」とぼやいてたので「やっぱりそーだよねえ・・・」と返したじいちゃんも精神病んで死んだしメンタルが弱い家系なのだろうか