読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

theピーズのレア曲その5 「こじき」

今回は「こじき」。これは結構有名。

youtu.be

 

どんな不安もなけりゃいい

なんの引け目もなけりゃいい

こんな風になるのか

あんな風になるのか

こじき こじきがいる

こじき こじきがいるぞ

見ないほうがいい

こじきがいるぞ

 

どんな引け目もなけりゃいい

なんの不安もなけりゃいい

こんな風になるのか

あんな風になるのか

こじき こじきがいる

こじき こじきがいるぞ

見ないほうがいい

こじきがいるぞ

 

こじき こじきがいるぞ

こじき こじきがいるぞ

見ないほうがいい

こじきがいるぞ

 

こじきって言葉が放送禁止用語だからアルバムに入らなかったんだろう。ライブでは定番の曲だったみたい。イントロがいいんだよなーこれ。

毎日がダメダメ過ぎて街でホームレスとかを見かけると将来の自分の姿を想像してしまうっていうのは福満しげゆきも「僕の小規模な失敗」で描いてたな。

theピーズのレア曲その4 「のんびり」

今回は「のんびり」という曲。この動画の7分あたりから。

youtu.be

 

 

歌詞(聴きとれた範囲で)

止まらずGOだもいいしな

一生続いてもいいのさ

迷惑は誰にもかけない

死に急ぐことはないのさ

死んだふりしてりゃいいのさ

もう僕は誰にも出せない

 

へい 全部多分?ふたをして

部屋で彼女と寝てたいのさ

迷惑は誰にもかけない

のんびりやろうぜ

このままでいいぜ ずっと ずっと

どこまでも分からないふりをして

良い奴に見放されるまで

死に急ぐことはないのさ

死んだふりしてりゃいいのさ

もう僕は誰にも勝てない

このまま不毛な毎日が一生続いてもいいのさ

夢を見てればいいのさ

残らず嘘でさ

やろうぜ

のんびりやろうぜ

のんびりやろうぜ

のんびりやろうぜ…

 

「止まらずGOだもいいしな」は殆ど推測。「全部多分ふたをして」は絶対違うだろと自分でも思ったが、どうにも聴きとれなかった…。「ふたをして」も、「へまをして」とか「ヘタをして」とかかもしれない。

 

この曲はどのアルバムにも入ってないし、検索してもほとんど情報が出てこなかった。歌詞の暗さ的には「クズんなってGO」か「とどめをハデにくれ」のどっちかに入ってても不自然じゃないんだけど、ボツになっちゃったのかな…。

theピーズのレア曲その3 「ハイテー」

またピーズのレアな曲を紹介。

 

曲名は「ハイテー」。

4番目のアルバム『クズんなってGO』に入ってる「平和」の替え歌。

youtu.be

 

ハルの「麻雀が分からない奴には絶対に分からない曲というのをやります。悪いね…」という申し訳なさそうな一言からはじまる。

ハイテーは漢字で書くと「海底」。平和(ピンフ)と同じで麻雀の役の一つ。だがピンフと違い、ハイテーは狙って上がれるようなもんではない。神頼み100%の役だ。それを曲名に持ってくるんだから、歌詞も大分ヤケクソじみている。

 

オラぁハイテーで待ってんだ

ハイテーだけを待ってんだ

役がないから待ってんだ

最後が来るのを待ってんだ

 

ハイテー 

ハイテーだけ

最低な毎日 ハイテーだけの暮らし

 

血迷って 鳴いたんだ

オタ風のドラを 鳴いたんだ

はっきり言って困ってんだ

平和にしとけば良かったか

 

ハイテー

ハイテーだけ

フリテンになったらお終いだ

 

夢は儚い 多分だめ

がっかりするのはまだ早いぜ

行こうぜ 行こうぜ…

 

東でもない

南でもない

白でもない

發でもない

中でもない

染めてもいない

あー 何にもねえ

 

ハイテー

はっきり言って ハイテーだけ

さっさとまわせよ 怠惰が?行こうぜ

 

全てが終わるまで

オラ夢を見つけるさ わりーか

 

ハイテーを待ってんだ

ハイテーだけを待ってんだ

なんと言われてもOKだ

最後にはきっと笑うんだ

ハイテー でもドラ3だ

ハイテー 満貫

おいしい牌はまだとっときな

ハイテー ハイテー

すっぽんぽんでも靴下履いて

 最低な毎日 ハイテーだけの暮らし

 

しかし「平和」は「夢も希望も全部諦めてセコくて情けない人生に埋没しようぜ…どうせ俺は駄目だよ」みたいな卑屈で諦観あふれる歌詞だったけど、それに比べると「ハイテー」はまだ希望を捨て切れてない感じがある。「今は最低だけど、もうちょい待ってりゃまだなんかあるんじゃねーか…」みたいな。このほんのわずかな希望に縋る心情がだんだん変化していって、後の「井戸掘り」や「底なし」、さらには再結成後の「絵描き」とかの歌詞に繋がっていったんだろうな。多分。

 

 

 

クズんなってGO

クズんなってGO

 

 

 

theピーズのレア曲その2 「さぁ終わらそー」

「なっとーばかりくっててもいーのか」の歌詞違い音源も紹介する。

youtu.be

1992年のライブ。曲名は「さぁ終らそー」。92年は「クズんなってGO」が発売された年。来年の93年にはピーズのアルバムの中でも一番暗い「とどめをハデにくれ」が出ている。だから、これはハルがかなり行き詰まっていた時期の替え歌なんじゃないだろうか。知らんけど

 

歌詞

お前は絶対ホモじゃないさ

ホモがってるだけさ

一人よがって傷つけるだけさ

お前は絶対ホモじゃないさ

勃つまでしゃぶる

年寄りのカウパー

前戯だけさ 前戯が好きさ

楽しんでるだけさ

ボランティアな 八つ当たりな

ゆっくりと 怠惰に

 

さぁ終わらそー

今夜がチャンスだ

おっさんここでちんぽでもなめてみ

なめてみ

 

お前は絶対ホモじゃないさ

一人よがって傷つけるだけさ

勃つまで おっ勃つまで

ゆっくりとカウパー

 

さぁ終らそー 今ならチャンスだ

おっさんここでちんぽでもなめてみ

なめてみ

何を見てるかって 見せもんじゃねーか

イカせる気もないまま なめてるよ

 

勃ちゃあしねえ

ぶらぶら

勃ちゃあしねえ

ぶらぶらぶらぶらぶら…  (ムラムラムラムラ…かも)

 

 

グレイテスト・ヒッツ Vol.2

グレイテスト・ヒッツ Vol.2

 

 

theピーズのレア曲その1 「F」

ピーズのレア音源を紹介。

1989年の鹿児島でのライブ。「けばみ」の替え歌で、この頃は「F」という曲名だったらしい。何の略称かはさっぱり分からない。ABCDEF…で、6番目に作った新曲って意味か、それともフルチンとかフェラチオとか下ネタ的なFか、実際にいたケバかった女の子のイニシャルか…まあインタビューとか読まないとさっぱりだ。

 

下に聴きとれる範囲で歌詞を書き出してみた。(?はよく分かんなかったところ)

けばい 鼻血出そーだぜ どこの彼女だ

ぬるいビールを飲んだら シャイな気分で眠る

声をかけなけりゃ 声をかけなけりゃ

シャイな目つきだ ゴージャス

僕はケバ好み シャイなケバ好み

今がチャンスだ 見てるぞ

 

ケバい 鼻血出そーだぜ どこの彼女だ

古いビールを飲んだら シャイな気分で眠る

 

バカを繰り返す グチを繰り返す

誰のせいでもないのに

どこの女だろか だれの女だろか

僕の目つきは?? 迷惑

 

夢も希望もないまま馬鹿は元気だ

ぬるいマン汁飲んだら シャイな気分で眠る

 

???(聴きとれない) あそぼーぜ

 

夢も希望もないまま馬鹿は元気だ

古いマン汁飲んだら シャイな気分で眠る

シャイな気分で眠る

 

 「けばみ」が収録されてるアルバム『マスカキザル』が発表されたのは1990年だから、このころはまだ開発途中だったんだろう。歌詞が全然違う。自己嫌悪とかヤケクソの要素が入っていて、僕はこっちの方が好きだなー。

 

マスカキザル

マスカキザル

 

 

 

 

初代ゴーストバスターズの下ネタ

初代ゴーストバスターズを見た。ちゃんと最初から最後まで見たのは今日が初めてだ。

 

リーダーであるベンクマン博士のキャラクターが面白かった。軽薄で適当でやる気がなく、一見クールな顔つきだが実際は女の身体のことしか考えてないという、要するにろくでなしだ。

f:id:oomanuke:20160903014300j:plain

これはゴーストバスターズに女性の依頼人がやってきた時のベンクマン博士。「彼女のアパートを調べに行く」と言うつもりが下心を隠し切れず、間違えてこんなセリフを吐いている。

 

f:id:oomanuke:20160903014326j:plain

これはその女性の部屋にあったピアノの蓋の隙間の黒い空間に指を入れて、ピロピロピロピロ…と意味もなく高音部を何度も弾いているシーン。「(幽霊は)この音に弱いんだ」などと適当なことを言うのだが、「アパートで彼女を調べる」のすぐ後にこれだから、どうにも性的な表現にしか見えない。ぶっちゃけ手マンの比喩だよな。

 

f:id:oomanuke:20160903014316j:plain

これは幽霊探知機みたいなのを女性に向けて、彼氏がいるかどうかを尋ねているシーン。左手に持ってるのはポンプで、博士はこれを何度も握ってジュポジュポと何やら下品な音を出している。そんなよく分からんものを股間の近くで持って、しかも右手の棒は彼女を指してるんだから、どう考えたって性的な表現としか思えない。ていうかこれは間違いなくそうである。オナニーだ。

 

その後も寝室を無断で開けてじっくり観察したり、突然求婚宣言をしだしたりと、博士は幽霊退治に来たという名目でセクハラを繰り返す。「ゴーストバスターズはファミリー映画」っていう勝手なイメージがあったけど、実際に家族でこれ見たら、子供の年齢によっては絶対気まずくなるよなーとか思った。

2016年版ゴーストバスターズもこういう下ネタが沢山入ってるらしい。見に行きたいけど金がないんだよなー、働くのは嫌だしな・・・